ご購入後の流れ

耳かけ型補聴器

基本的には、耳掛け型補聴器を装用する場合は、
イヤモールドを作成して頂いています。
広範囲の聴力に対応でき、最近では汗や雨に強い防水タイプも
各メーカーから発売されています。

耳穴型補聴器

耳の穴の中に挿入するタイプで、耳の形状を活かし、より自然な音を取り入れることができます。
耳型を取り、オーダーメイドにて作成いたします

CICタイプ

外耳道(耳の穴)サイズで外からは殆ど見えません。
音響的にも自然な音を体験できます。
聴力によっては作成できない場合があります。(音の大きさが足りない場合があるため。)
電池のサイズは一番小さく、電池寿命が短いです。

カナルタイプ

耳穴型では一番オーソドックなタイプになります。
電池も一回り大きくなり、操作もしやすいですが、
CICタイプよりも少し目立ちます。
メーカーによっては電池のサイズも選べます。

フルシェルタイプ

耳穴型の中では一番大きなサイズになります。耳穴型を希望される方で
難聴レベルが高い方や、操作が容易な物を希望される方にお勧めです。
電池寿命も一番長くなりますが、耳の大部分を使用している為、多少の閉塞感を感じる事があります。


オープン型補聴器

基本的には耳に掛けるタイプになります。しかし、イヤモールドを作成せず、
チューブも細いタイプを使用するため殆ど目立たなくなります。
耳栓に穴があり、こもり感や閉塞感を軽減します。
低い音は聞こえるが、高い音が聞こえないといった方におすすめです。

ポケット型補聴器

本体を付属品の袋に入れ、首から下げたり、胸ポケットに入れて、本体からイヤホンを繋げて使用します。
自動調整機能が無く、本体のボリュームでその都度操作します。

イヤモールド

耳かけ補聴器と接続する耳の型で、ハウリングを防ぎ、音響効果を高めます。
カラーやラメなど、デザインの変更も可能です。

その他補聴器周辺機器も多数取り扱っております。お探しの物がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
取扱製品 ご購入までの流れ ご購入後の流れ 聞こえについて お客様の声 よくあるご質問 ページの先頭へ戻る